新潟医学会

LINKS

新着情報一覧
PAGE UP

新潟医学会雑誌 最新刊

BackNumber
新潟医学会雑誌130巻7号ができました。
PAGE UP

新潟医学会とは

 新潟医学会の源は、明治十四年六月、東京大学医学部在学の新潟県関係者によって創設された「北越懇親会」に遡るとされている。その後「北越同窓会」と名称が改められ、明治二十九年四月には本部が東京から新潟に移された。


 明治三十六年十一月には「北越医学会」と改称され、昭和八年本会創立五十周年記念が挙行されている。第二次世界大戦の影響を受け一時活動は中止されていたが、昭和二十年五月二十五日教授会の議を経て「新潟医学会」と改称され再生し今に至っている。


 また、現在発行の新潟医学会雑誌は学会の機関誌・学術雑誌であり、明治20年の北越医会報の創刊から続く月刊誌である。 現在、新潟医学会は医学会の進歩発展を図ることを目的に医師、医学者および医学部卒業生並びに学生を会員として構成されており現在の学会員は学内約400名、学外約500名である。

 主要な活動は集会の開催と学会雑誌の刊行にある。集会は年九回の例会と年一回の総会(例会を兼ねる)、セミナー(学士会共催・有壬セミナー)が定期的に開催され、学会雑誌は月一回六十頁前後のものが継続して刊行されている。


入会について

 新潟医学会は、医学会の進歩発展を図ることを目的に医師、医学者および医学部卒業生並びに学生を会員として構成されています。毎月、第三土曜日に学術集会を開き、講演および討論を行います。また、新潟医学会発行の雑誌は新潟医学会の機関誌・学術雑誌であり、明治20年の北越医会報の創刊以来今年で126巻、通刊1262号になる月刊誌です。 興味のある方は是非本会へご入会下さい。


誌  名: 新潟医学会雑誌
(NIIGATA MEDICAL JOURNAL)
ISSN 0029-0440 CODEN:NIGZAY
発行形態: 月刊誌、年間12冊発行(各号1,000部)
発 行 所: 新潟医学会
年 会 費: 6,500円(新年度4月から翌年3月まで)
野口英世博士来校 1914(大正3)年に設置された当時の赤門 1915年 医専卒業アルバム 荻野久作博士 1916年 野口英世博士来校 医学生と
PAGE UP

会頭挨拶

 新潟医学会を代表して一言ご挨拶を申し上げます。
 新潟医学会は、医学の進歩発展を図ることを目的とし、新潟大学医学部医学科とともに歩んできた会です。会員は新潟大学医学部関係者や卒業生を中心に構成されています。会頭は医学部長が兼任し、私は第31代の会頭となります。


 本会の主たる活動は、集会の開催と学会雑誌の刊行にあります。このうち、集会においては、時々のトピックスについてのシンポジウムや、新潟大学医学部医学科の新任教授・新任准教授の講演、定年退職教授の最終講義などが企画されております。また、新潟医学会雑誌にはその記録や、原著論文などが掲載されます。このように、新潟医学会は新潟県ならびに新潟大学における医学研究の発展と会員の教育に大きな貢献を果たしてきているものです。


 一方で、社会は情報化時代となり、また医学の細分化・専門分化により多様な研究会が作られ、県内でも様々なセミナーや講演会が開催されるようになってきたため、会員の皆さんの医学会集会への参加が少なくなってきているのも事実です。しかし、総合的な立場に立つ新潟医学会の役割は、これまでにまして重要になっているのではないでしょうか。会員の皆様には、医学全般にわたる問題の討論の場としての本集会の役割をご理解いただき、今後ますます重要性を増す医師の生涯教育の場として、新潟医学会を大いに活用していただきたいと願っています。また、新潟医学会雑誌への投稿についても大歓迎です。


 新潟医学会がますます発展するためには、会員の皆様のご協力が必要です。時代に即したテーマを選び、質の高い内容の集会を企画し、またその内容を新潟医学会雑誌に記録していきたいと思いますので、皆様の積極的なご参加をお願い申し上げます。また、一人でも多くの方が新潟医学会へご入会いただけるように、本会のご喧伝をよろしくお願い申し上げます。

役員名簿

PAGE UP